性格の不一致

結婚するときは一生添い遂げると誓い、ラブラブな新婚生活がスタートすると夢を膨らませます。
夫婦関係はずっといい状態であるものと思い、ずっとこのままでいられると思っていたのは新婚時代、あるいは結婚式のときだけだったという話もよくあります。
何年かたち気がつくと、会話は生活に関わる最低限のことになっていて、相手のすることにイライラするようになる。
そして、外から見たら夫婦だけど、家に帰れば無言であるといった、いわゆる仮面夫婦という夫婦関係になってしまう。
こういったことは、よくある事例です。


いつしか、夫婦関係を修復しようという意識もなくなり、このまま夫婦関係は破たんしてしまうだろうということになってしまうこともあります。
夫婦関係が破たんしてしまう=離婚ですが、離婚理由で多いのは、性格の不一致です。
性格の不一致と一言でいってしまえば簡単ですが、しかし、裏には様々な事情があることでしょう。


生まれも育ちも違う男女が、何もかも一緒なわけはありません。
自分とは違うなにかをもっているから惹かれるのであって、性格の不一致というのは当然のことでしょう。


これだけでいつでも離婚できるのではなく、その判断基準は難しく、お互いの歩み寄る努力によって円満な夫婦関係に修復できそうであれば、裁判所などでは離婚の判決はでにくいといわれます。
性格の不一致により、一緒にいることが苦痛になり精神的につらくなっている、その状況が客観的に見て、夫婦関係が修復できないであろうというときには、離婚請求は認められるでしょう。


【管理人推奨リンク】
お互いの歩み寄る努力によって円満な夫婦関係に修復できそなそうな方はこのような専門家に相談すると良いでしょう → → 夫婦 修復

Copyright © 2014 夫婦関係の破たん原因 All Rights Reserved.